セルフ脱毛用のアイテムは状況に合わせて選びましょう

セルフ脱毛用のアイテムは状況に合わせて選びましょう

脱毛というと医療クリニックや美容サロンで行うイメージがあるかもしれませんがなかなか通う時間がなかったり金額の面でもコストがかかってしまう事からなかなか手を出しにくいという意見も多くあります。
そんな時おすすめなのはセルフ脱毛です。

セルフ脱毛なら他人に見られるのは恥ずかしいと思う部分も自分で行えるほか時間も気にせずにゆっくりケアできます。

セルフ脱毛ケアをする場合には必要な道具があります。
カミソリやワックス、家庭用脱毛器などさまざまなタイプの脱毛ケアアイテムがありますので自分に合ったもの使用しましょう。


どのアイテムもパッチテストを行い、脱毛アイテムの説明書にあった使用方法を守ることが肌トラブルを防ぐためには大切です。セルフ脱毛アイテムは脱毛したい場所に合ったものを選ぶととても使いやすくなります。

カミソリなどは処理しにくい場所はワックスや脱毛テープを使用すると良いでしょう。

脱毛後の肌のツルツル感などは処理方法によって異なります。



脱毛処理の方法を選ぶときには処理後の肌状態を目安に選ぶのも良いですが、肌刺激や毛根へのダメージが大きい場合もあるのでひとつの方法にこだわらずに肌の状態に合わせて使いわけるのがおすすめです。
セルフ脱毛で一番一般的なものはカミソリを使用したものでしょう。


メリットとしてはカミソリと石鹸やクリームなど肌のダメージを抑えるものがあればすぐに行え、入浴時などに簡単に行えるというメリットがあります。

必要なアイテムも少なくスーパーなどで簡単に手に入れることが出来るほかコスト面でもリーズナブルな脱毛方法といえます。
デメリットとしては「カミソリ負け」という言葉があるほどに肌へのダメージが大きいこと。


女性専用のカミソリもありますが肌に負担がかかることは避けられません。人によっては翌日にはチクチクとし始める人もいるでしょう。毛穴へのダメージも大きく埋もれ毛と言った埋没毛をおこしてしまいがちな方法でもあります。

カミソリで脱毛処理をする場合にはこれらのデメリットをケアするためにアフターケアをしっかりすることが大切です。

カミソリ処理後の肌は保湿機能やバリア機能が損なわれていますので化粧水などでしっかりとケアしましょう。

湿気があるほうが毛が柔らかくなっているので蒸しタオルなどで蒸らしてから行うとより効果的です。

石鹸などでも行えますがシェービング剤やワセリンを塗ってから行えば肌トラブルを減らすことが出来ます。
毛を抜くタイプのセルフ脱毛はワックスや脱毛テープを利用するのがおすすめです。

毛抜きで1本1本抜けば確実ではありますが、これらのアイテムを使用すれば広範囲のムダ毛を一度に処理することが可能ですので忙しい方にも向いた方法です。
ワックスや脱毛テープはドラッグストアや通信販売などから購入することができます。毛を抜くタイプの脱毛のデメリットとしては埋没毛が起きやすい点です。


毛の生えている方向と逆に引っ張ってしまうと埋没毛が起こりやすくなってしまいます。ワックスやテープを使用した場合には肌の角質も一緒に取り除いてしまうことがあります。

古い角質が取れるというメリットもありますが、角質を失うことで肌刺激が増えてしまうというケースが多いようです。


無理やり毛をひっぱることで毛根に炎症がおき血がでたり、ニキビのような状態になってしまうこともあります。
温めて使用するタイプのワックスの場合には火傷にも注意が必要です。

初心者の場合にはテープなどを使用すると良いでしょう。

この方法はデコボコが多いVIOラインのケアとして人気の処理方法となっています。

ワックスの効果を高めたい場合には脱毛個所にパウダーをはたくなどしてしっかり水分を取り除くと良いでしょう。

ブラジリアンワックスなど保湿成分が入ったものがおすすめです。すばやく毛の処理しツルツルな肌を手に入れたいと思ったなら除毛クリームと呼ばれる除毛剤を使うと簡単です。

毛の表面よりも少し下の毛まで溶かすことができる薬剤を使用した方法なので処理後の毛の毛先が丸くなりチクチクしにくいというメリットがあります。

デメリットとしては毛を溶かす方法なので肌や毛穴へのダメージが多いという点です。
ピリピリとした痛みを伴うこともあります。

脱毛クリームを塗って待つだけと一見簡単な方法ですがお風呂などで行わないと部屋が汚れてしまうほか、冬場の場合には寒さを伴うことがあります。

コストの面でも日常使いをするのには少し高いといえます。

特別な時や急ぎの場合などに使用するのに向いた方法です。


毛の処理としては美しい方法ですが肌への負担が大きいので処理後は肌ケアを怠らないようにしましょう。


脱毛クリームと名前がついていますが、実際には除毛にあたります。

使用するときにはパッチテストを必ず行い毛が隠れるまでしっかりクリームを塗りましょう。クリームが少なすぎると効果が薄くなってしまうので注意が必要です。



様子をみながらクリームの表示時間までしっかり放置しましょう。

放置した後はしっかりとすすぎ残しのないようクリームを洗い流して下さい。

脱毛にはヒートカッターと呼ばれるものも使用されます。

このヒートカッターは主にビキニラインに使用されるもので熱線で毛を焼き切って毛の長さを整えるための道具となっています。脱毛と言うよりはアンダーヘアを整えるタイプのものと覚えておくと良いでしょう。
毛を焼き切るタイプには熱線式の除毛器があります。


ヒートカッターと異なり熱線式除毛機は肌の上を滑らせることで生え際近くから除毛することができます。

熱線式脱毛器と紹介されることもありますが毛を焼き切るだけですので正確には除毛処理にあたります。

この方法は正しい使用方法を守れば安全ですが、間違った方法で扱ってしまうと火傷をしてしまう場合があります。

費用面では2~3万円くらいと初期費用と電気代がかかるため初期が安いとは言えませんが使用し続けるなら元をとることができます。肌の仕上がりとしては毛を焼き切るという方法なので多少のザラザラ感が残ることがありますが、毛先が丸くなるため刃物で処理した場合よりはチクチクしません。

使用する場合には肌に強く押し付けるようなことはさけ、肌に対して垂直にあて素早く動かすようにすると火傷の危険性を下げることができます。
処理をした後はクリームなどでケアをするようにして下さい。その他のセルフケアの方法としては深剃りはできないものの思い立ったらすぐに処理ができ、比較的肌への負担も少ない電気シェーバーを使用したものや産毛や細い毛の処理に向いているムダ毛用トリマーなどがあります。

毛抜きを電動で行える電動毛抜きなども販売されていますが、抜き損じが多かったり毛穴へのダメージが大きいなどのデメリットがあります。

セルフ脱毛には毛を剃るものや焼き切るもの、毛を抜くものやクリームなどを使用して毛を溶かす方法があります。

やり方によっては傷跡が残ってしまったり、埋没毛が増えてしまうこともありますので使用方法は必ず守るようにしましょう。

脱毛をした後の肌はダメージを受けたことで乾燥しやすいなど肌トラブルをおこしやすい状態となっています。

処理をした後は化粧水やクリームでしっかりと保湿ケアをすることが大切です。

カミソリ負けなどで傷ができてしまった時には消毒液を使用するなどして肌を清潔に保つようにして下さい。
どの脱毛方法も肌トラブルがあった場合には早めに皮膚科の医師などに相談しましょう。


Copyright (C) 2016 セルフ脱毛用のアイテムは状況に合わせて選びましょう All Rights Reserved.