もうムダ毛に悩まない永久脱毛の種類とは

もうムダ毛に悩まない永久脱毛の種類とは

永久脱毛には、色々な方法があります。施術する機関によっても、施術方法が色々あります。
そこで脱毛の種類と方法についてご紹介します。美容外科やクリニックなどの医療系で行う脱毛方式には、レーザー脱毛があります。

レーザー脱毛は、ムダ毛を処理したい場所にレーザー光線を当て、毛母細胞や毛乳頭を破壊していきます。


皮膚の表面にある黒い色素に対し、レーザーの光が当てられると反応し、熱が蓄積され、メラニンを焼き尽くしていくのです。
毛根に残っている毛と毛の組織をすべて焼き尽くしていくため、一度、組織が壊れてしまった部分は、再び毛を作り出すことができなくなるため、永久脱毛と同じ効果を期待することができます。

皮膚の表面にレーザーを当てるため、毛根組織以外を傷つけないように、レーザーを照射する前には、剃刀で施術を行いたい部分の毛をすべて剃ってから施術を行っていきます。
もし毛が皮膚から数ミリ残っていると、その部分の皮膚も傷つけてしまうことになりますので、できるだけ剃り残しのないように綺麗にムダ毛をなくしておくことが大切でしょう。


メラニン色素の薄い毛や産毛の場合、レーザーが反応しにくくなるため、そうした部分は効果が薄くなります。
エステなどの脱毛施術でよく使用されるのはフラッシュ脱毛です。

このフラッシュ脱毛とは、カメラのストロボのような光を脱毛したい部分に照射していきます。

毛母細胞、毛乳頭を破壊していくことができますので、レーザー脱毛と同じように永久脱毛と同じ効果があります。ただ医療機関で行うレーザー脱毛とは違い、エステで行う施術は、医師免許がない無資格の施術者が行うため、機械の出力も弱いため、回数を重ねなければ、完全にムダ毛がなくなるまで時間がかかってしまうデメリットもあります。医療機関で施術を行う場合は、敷居が高く利用しづらいという方もエステで施術を受けた方が通いやすいという方は、エステでフラッシュ脱毛を行ってもよいでしょう。
フラッシュ脱毛は、広範囲の場所を一度に光照射を行うことができます。


メラニン色素と反応し、毛根部分の組織と毛がダメージを受け、術後から2、3日にかけて毛がボロボロと抜け始めます。


光照射した部分の毛根組織が壊れているため、光が当たった部分に関しては、ムダ毛が生えにくくなります。



皮膚の下にある休止期のムダ毛は、後から毛が生えてきてから、再び施術を繰り返していくと、永久脱毛と同じ効果を得ることができるでしょう。
医療機関やエステでは、ニードル脱毛を行っているところもあります。
この脱毛法は、毛穴に針を刺し、弱電流を流すことによって毛乳頭を破壊することができます。

成長期のムダ毛に、針から電流を流すと、毛根組織がダメージを受けて、1週間から2週間後にムダ毛やダメージを受けた毛根組織が毛穴から排出されていきます。

心斎橋の脱毛クリニックの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

確実に永久脱毛を行うことができますが、広範囲のムダ毛を処理するには、時間がかかり過ぎるというデメリットもあります。

また針を刺すときの痛みは、かなり痛いので、脇などの処理範囲の少ない部分の脱毛に適しているでしょう。


永久脱毛の中では、ニードル脱毛は一番確実に行うことが出来ますが、痛みに耐えられるかどうかが重要な問題点になることでしょう。

また処理はムダ毛1本ずつに針を刺して電流を流していかなければならないため、施術費用も高く、痛いのが特徴ですので、脱毛機関では、あまりこの脱毛方法を行っているところはありません。
しかしレーザー脱毛やフラッシュ脱毛の場合は、日焼けした肌の方に施術を行うことができませんが、ニードルであれば、日焼けした肌は関係ありませんので、施術を行うことができるというメリットがあるでしょう。

永久脱毛を行う前は、ムダ毛の自己処理はやめておきましょう。

自己処理を行うと、毛周期が乱れてしまったり、自分で処理した部分が肌荒れを起こしてしまうことがあるからです。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、毛穴にわずかに残った毛や毛根部分にレーザーや光を照射して行う施術法ですので、前日にムダ毛を処理する必要があります。

施術を行う前は、自己脱毛はムダ毛を処理する前日まで行わず、前日だけ処理を行うようにしましょう。

ムダ毛の処理タイミングについては、事前にカウンセリングなどで、説明がありますので、うまく施術を行うためにも、説明はよく聞いてから行う必要があります。またトラブル肌にレーザーや光を照射することはできません。

肌のコンディションもよくないと、施術後にトラブルが起こってしまう可能性も考えられますので、肌が乾燥しないように、保湿をしておくとよいでしょう。

また脱毛を行う際は、いろいろな方法やいろいろなクリニックがあります。

自分に合う通いやすいところを選ぶとよいでしょう。

体験コースなどがある場合は、試してみて、自分に合うかどうかを確認してから、施術を行うところを決めましょう。

また費用も適切かどうかもしっかり見極める必要があります。

どの脱毛機関でも、たいていは、無料でカウンセリングを行っているところがほとんどです。


そこで、この無料カウンセリングをしっかり利用しましょう。
カウンセリングでは、出来ればムダ毛を伸ばした状態で行かれるとよいでしょう。

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、やはりムダ毛が生えている状態で見ていただいた方が、毛の太さや、毛の量、毛の生え方などを実際に見てもらうことによって、その人に合う施術方法を知ってもらうことができるからです。

レーザーや光を使って施術を行う場合、ほとんどの方がトラブルも起こらず、何事もなくうまく施術を行うことができます。



また敏感肌や肌トラブルが起こりやすい方は、あらかじめ、きちんとカウンセリングの際に相談をされるとよいでしょう。

どこで施術を行うかについては、いくつか複数の候補を選んで、その中から選びましょう。
本格的に施術を行う前に、テスト照射などを行うことが出来ます。

痛みに弱い方や、敏感肌の方はテスト照射を行った際に、自分の肌の様子や状態などを見て、施術を行うかどうか決められるとよいでしょう。


もし自分の肌に合わないと判断したら、残念ながらその施術法は肌に合わないため、別の施術法を行う必要があるでしょう。
効果的に脱毛を行うためには、自分の毛周期に合わせて行うことが一番でしょう。人の毛は、成長期や衰退期、休止期などがありますので、周期に合わせて効率的に施術を行う必要があります。
施術を行った後は、照射をされた部分の毛が抜け落ち、綺麗なムダ毛のない肌の状態が続きますが、2、3か月経過後は、別の毛が再び生えてきます。

この次に生えてくる毛がすべて生えそろってから、再び施術を行った方が、照射が無駄になりません。


早く施術を終わらせたいという思いで、短期間の間に照射を何度も繰り返すのは、施術費用や時間の無駄になってしまいます。

効率的に、無駄のないように施術を行うためには、数か月間の間隔をあけて、長期間にかけて脱毛を行った方がよいでしょう。


ムダ毛が生えなくなる状態まで、施術を行うのは、1年から2年は少なくとも必要です。最初は濃く太く量もあるムダ毛が、施術を続けていくうちに、薄く細く量も少なくなっていくことでしょう。

最終的にはムダ毛が産毛状態になっていきますので、時間をかけて、数か月おきに脱毛した方が、仕上がりが綺麗になりますので、施術を行ってよかったと実感することができるでしょう。

それ以降は自己処理を行う必要がなくなりますので、とても楽になります。

Copyright (C) 2016 もうムダ毛に悩まない永久脱毛の種類とは All Rights Reserved.