ワキガを治療する方法

ワキガを治療したいと思う場合、美容外科や皮膚科で行なうことができます。

自分ではワキガだと思っていても、実はそうではないというケースもありますから、やはり専門家に診断してもらうことが最善でしょう。美容外科や皮膚科で採用している治療方法には幾つかのものがあります。まずワキガの症状が軽い場合は、処方薬によって改善を図ることができます。処方薬には、ワキを消毒するために塗る塗り薬や発汗を抑えるための飲み薬があります。これらの処方薬を使用しても改善されないのであれば、別の治療法を用いることができます。

その一つはボトックス注射と呼ばれるものです。汗の分泌を抑える薬剤が注入されることになります。この方法は、症状が比較的軽い方に勧められています。ワキガの治療法には、レーザーを使ったものがあります。特に、匂いを引き起こすエクリン腺とアポクリン腺にレーザーを当てることによって、汗腺を燃やしてしまうというものです。

ほぼ永久的とも言える効果が期待できると言われていますが、症状が重い場合は再発の可能性があるという報告もあります。さらに別の治療法としては、電気凝固法と呼ばれるものがあります。これは、ワキの毛根の部分に針を刺して、その部分から電流を流すというものです。それによって毛根が固まり、皮脂腺やアポクリン腺を破壊させることができます。このようにいろいろな方法があるため、医師と相談しながら、症状の程度に合わせて最も適した方法を選ぶことができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *