ワキガの遺伝の仕組みを理解して治療をする

ワキガという症状は、どのような仕組みによって生じるものなのでしょうか。

ワキガは自覚症状がない症状として有名です。基本的に、人間は日常生活を送っていく上で自身の臭いに鈍感になってしまいます。例えば、自宅に帰っても自宅の臭いは認識できませんし、着ている服に臭いがあったとしてもそれが生活の一部になっているので正確な臭いを認識することができないようになってしまっています。これはワキガの悪臭も同じであり、強烈な悪臭を放っていても本人は何年もその臭いをかぎ続けているためその臭いに気づくことができません。

そのため、実際に臭いを認識するためには悪臭の仕組みを理解して本人や周りの人間が悪臭を放っているということを自覚させるように努力しなくてはいけません。臭いの具体的な仕組みは、遺伝によって全て説明することができます。ワキガの遺伝子は優性遺伝なのでたとえ臭いの遺伝子が人間の身体に悪いとわかっていてもそれが継承されることになります。

片方の親に悪臭を放つ遺伝子が存在するのならばその子供にも5割の確率で悪臭の遺伝子が遺伝することになるので治療の必要性が生じるのです。また、両親共に遺伝子を持っている場合には子供にはほぼ100%治療の必要性がある遺伝子が遺伝されていると考えて間違いありません。このように、ワキガの仕組みと言うのは生まれたときの遺伝によって決まっているので治療の必要性はこの点からきちんと判断する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *