食事と入浴を工夫してワキガを自宅で治療

ワキガの症状は食生活に大きく左右されることがわかっています。

つまり、ワキガになりにくい食物を選択することにより外科的な治療を行うことなく改善することが可能であると言えます。ワキガに悩んでいる方は、自宅で行える食事療法によるワキガ治療を行ってみましょう。ワキガを体内から治療することができる食材は梅干しをはじめ生姜、お酢やりんご、緑黄色野菜や豆腐が挙げられます。梅干しは体内から臭いの発生を予防してくれますし、生姜は含まれている辛味成分に殺菌と消臭の効能があります。

そして、緑黄色野菜には各々のビタミンに消臭効果がありますし豆腐は臭いを総合的に予防してくれます。こうした食べ物を摂取して対策を行う際には、食べ過ぎないということを念頭に置きましょう。人間の身体は食べ過ぎてしまうと体臭が強くなるため腹八分目を意識して行ってください。また、同じくお手軽な方法としてお酢を用いたお風呂があります。

コップ一杯のお酢を浴槽に入れるだけという簡単な方法ですが、効果は高いです。お酢が入った浴槽で入浴することで皮膚の表面が酸性になり雑菌が繁殖してしまうことを予防します。主な成分のクエン酸がアポクリン汗腺に取り入れられるとアンモニアの発生が抑制され臭いが解消します。およそ1週間継続すると汗の臭いが変化してくることに自分でも気付きます。食事治療と併用することにより、短期間で費用もかけずに自宅で治療することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *