ワキガの治療法のすべて

ワキガは軽度の状態から重症のものまでさまざまです。

症状に合わせた治療法を選択することになります。皮膚科では健康保険が適用されますが、美容外科では自由診療となります。症状の重さを考え、医師と相談して決定します。主な治療法をあげると、ボトックス注射があります。汗腺から汗が分泌されるのを抑える効果があります。ボトックス注射は効果が長持ちしないのが特徴です。そのため半年から1年で効果がうせてしまいます。重症の人のワキガにはむきません。

他にレーザーがあります。汗腺を熱分解することによりワキガのにおいを絶つ方法です。時間も5分ぐらいと短く効果も半永久的に続きます。また電気凝固法もあります。電流を流してアポクリン腺を破壊します2~3時間でおわる施術で、どちらかというと軽症の人向きの治療法です。重症の場合は直視下手術法があります。医師がひとつひとつ目で見ながら汗腺を取り除いていきます。ワキガの治療には医師の技術が必要です。信頼できるクリニックや医師を選ぶことはとても大切です。

医師の技術次第では再発の可能性もあるので病院選びは慎重にしたいものです。病院を選ぶ時には事前カウンセリングが必要になります。メリットやデメリットについて十分説明してくれるところは良い病院です。またこちらの言い分も聞いてくれて、高額の治療を無理に押し付けたりしないところなら信頼できます。医師やスタッフが親切で丁寧な応対のところなら安心して施術を受けることができるでしょう。
大阪で安心のわきが治療のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *