症状によって変わるワキガ治療

ワキガ治療には様々な種類があり、体臭の強さによって、どの施術を行うのか変わってきます。

体臭が軽度である場合、外用薬による施術が一般的です。塩化アルミニウム液という、制汗作用のある外用薬が主に処方されます。ただ、外用薬は本当に体臭が軽い場合のみ、効果ができるようです。中度以降の場合は、それほど体臭改善の効果は見込めません。中度の場合は、ボトックス注射というワキガ治療がお勧めです。ボトックス注射は体臭の原因となる汗の分泌を、抑える事のできる施術となっています。皮膚を切らない施術という事もあり、体への負担が少ないというメリットを持っています。

中度より、さらに体臭が強いという場合は、手術による施術が有効です。手術は「剪除法」という方法が、多くのクリニックで行われています。剪除法は体臭の原因となる、アポクリン腺という汗腺自体を、メスで取り除くのが特徴です。汗腺自体が無くなるので、体臭改善には大きな効果を発揮します。しかし、手術後は2種間程度安静にする必要があるので、すぐには日常生活に戻れません。このように、ワキガ治療には症状に合わせ、様々な施術で対処しています。自分の体臭が気になるという場合は、まずクリニックに相談してみましょう。中には「自分の体臭が強い」と感じるだけで、実際にはそうで無いケースも少なくありません。クリニックでは体臭があるかどうかの検査も受けられるので、ワキガ治療を受ける前に、検査を受ける事をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *