ワキガの治療について

自分では気が付きにくい体のトラブルにワキガがあります。

匂いが原因で人間関係に影響が出ることもあります。不快な匂いの原因はアポクリン腺という汗腺からの分泌物が皮膚表面の細菌と混じり合うことです。このアポクリン腺の発達は個人差があり両親からの遺伝の影響があるため普段の生活や成長によって変化することはありません。よく、耳垢が湿っているとワキガ体質と言われますが、これは耳の中のアポクリン腺が発達しているためです。

ワキガがあったとしても本人が気になっていないのであれば治療は必要ありませんが、過度に気にしすぎて人との接触ができなくなってしまったりと生活に支障が出てしまう場合にはデオドランドケア用品でのケアや病院での治療を行います。デオドランドケア用品は汗を抑えたり消臭作用で不快な匂いを消す効果がありますが、根本的には治りません。病院での治療はワキガの程度や希望により方法が変わります。軽度から中程度の匂いに対してはボトックス注射で汗の量を減らすことによって不快感を軽減させたり、毛穴に電気針を刺し電流を流してアポクリン腺と一緒に皮脂腺を破壊することで脱毛することにより最近との接触を抑えることができます。

中度から重度のものでは手術によりアポクリン腺を取り除いて根本的に治療します。手術も切開する方法や小さな穴をあけそこから細い管を通してアポクリン腺を除去する方法、更には細い管の先に超音波を発生させることにより熱でアポクリン腺を破壊する方法などがあります。ワキガの治療法は匂いの程度と体への負担を考えて選択します。
心斎橋でわきが治療のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *